Google Analyticsの使い方

ウェブサイトをより有効活用するためには、閲覧者の動向、傾向を把握することが重要です。

多くの管理者がウェブサイトの解析にGoogle Analyticsを利用していますが、機能が豊富が故、また専門用語が使用されているため、活用方法がわからないという声も多く聞かれます。

こちらでは、Google Analyticsの活用法をご紹介しています。

 

Google Analyticsの用語がわからない

Google Analyticsでサイト解析をする際、この用語は「こういう意味なんだろうな」と漠然と理解していても、実は曖昧であったりします。 今回はこの用語が何を意味しているのかご説明いたします。ご参考になれば幸いです   ->続きを読む

 

訪問者がどこからアクセスしたか確認する

訪問者がどのようにこのサイトを知ったのか、どこからこのサイトを訪れたのかを知ることは、広告を掲載する際に非常に有用です。ここでは、訪問者がどこからアクセスしたかを確認する方法をご説明いたします。 1.集客サマリーを確認す   ->続きを読む

 

特定のページの訪問者のドメインを確認する

キャンペーン、イベントページ等、特定のページ(ランディングページ)を作成した場合、このページにアクセスしたユーザーがどこの会社の方が知りたい場合、ユーザーのドメインを確認する方法があります。 1.ランディングページ一覧を   ->続きを読む

 

新規ユーザーがどのページを訪問したかを確認する

前回に続き、新規ユーザーに関するデータの確認方法です。今回は前回調べた新規ユーザーがどのページを訪問したかを確認する方法です。 途中までは同じです。 1.ユーザーサマリー画面を開く Google Analyticsの左の   ->続きを読む

 

新規ユーザー数を調べる

例えば、ウェブサイト立ち上げ初期に、あるいはキャンペーンを行った際に任意の期間でどれだけ新規ユーザーを獲得したかを調べたい場合、次の方法で新規ユーザー件数を確認することができます。 1.ユーザーサマリー画面を開く Goo   ->続きを読む

 

1 2