Google Mapをサイトに組み込みたいーAPIキーを使用する方法

 

前回はAPIキーを使用しないGoogle Mapの組み込み方をご紹介しました。今回はAPIキーを使用して組み込む方法をご紹介します。

APIキーを使用してGoogle Mapを組み込む方法

Google maps platformでAPIキーを取得するにはGoogleアカウントが必要になりますので、事前にご用意ください。

まず、Google maps platformページにアクセスします。

画面右上の「使ってみる」をクリック。

表示されたポップアップウィンドウの「Maps」にチェックを入れ、「CONTINUE」ボタンをクリック。

赤枠内に任意のプロジェクト名を入力し、「NEXT」をクリック。

「アカウントを設定」をクリック。

「はい」を選択し、「同意して続行」をクリック。

お客様情報とクレジット情報を入力します。

「次へ」をクリック。

黒で塗りつぶした箇所にAPIキーが表示されています。赤枠の「DONE」をクリックします。

このまま先の画面で発行されたAPIキーを使用することができますが、現時点ではこのキーを誰でも使用できる状態になっています。セキュリティーの観点から、APIキーを保護します。上の図の赤枠内の「認証情報を保護」をクリックします。

赤枠内に任意の名前を入力します。この画面をスクロールダウンした画面が次の画像です。

作成するマップはウェブサイトで表示する予定なので、「HTTPリファラー」をクリックし、下の赤枠内に当該サイトのURLを記入し、最後に「保存」をクリックします。

表示された画面左側に有効なAPIのリストが表示されます。この中から「Maps Embed API」をクリックします。

表示された画面の右上「認証情報」をクリックします。

この画面で取得したAPIキーを確認することができます。赤丸内のボタンをクリックするとAPIキーを自動コピーします。

APIキーの使用方法

HTMLの場合

Googleよりサンプルスクリプトが提供されています。ここでは変更する箇所をピックアップし、簡単にご説明します。

  • 1行目はIDの設定で任意の名前を付けます。ここではサンプルとして「map」と名付けています。
  • 5行目の(‘map’)は1行目で設定したID名が入ります。もしIDを「sample」と名付けていた場合は(‘sample’)になります。
  • 6行目の(-34.397, 150.644)は緯度と経度になります。緯度と経度は検索した住所を表示するGoogle MapのURLで確認できます。

上の図は都庁をGoogle Mapで検索した際に表示されたURLです。赤いアンダーラインが緯度、青いアンダーラインが経度です。

  • 11行目のYOUR_API_KEYに取得したAPIキーを入力します。

以上でHTMLの設定は完了です。マップサイズはCSSで設定可能です。

例)

WordPressでAPIキーを使用する

WordPressでAPIキーを使用する場合はPHPを編集する必要がありますが、プラグインを使用すればもっと簡単にAPIキーを利用することができます。このプラグインに関しては次回ご紹介いたします。

 

この記事が役に立ったらシェア!