「Contact Form 7」で入力された情報をCSVでダウンロードしたい

前回の記事でなくてはならないプラグイン「Contact Form 7」をご紹介しました。しかし、Contact Form 7は、基本的にメールで入力内容が配信されるだけで、入力内容をデータベース化する機能がありません。イベントの登録や製品カタログのリクエストなど、リスト化して後々営業活動に利用したいというご要望も出てくると思います。ご安心下さい。Contact Form 7をデーターベース化できるプラグインがあります。

Contact Form DB

このプラグインは以前はWordPressのプラグインリストに掲載されていましたが、現在は掲載されていません。したがって、従来のようにダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」で検索を行っても表示されません。このプラグインをインストールするには、プログラム開発者のサイトから最新バージョンcontact-form-7-to-database-extension-x.xx.xx.zipをダウンロードします。ファイルを解凍する必要はありません。一度任意の場所に保管し、「プラグイン」→「新規追加」で開いた画面の上部にある「プラグインのアップロード」をクリックし、zipのまま読み込みます。

インストール後、有効化するとダッシュボードに「Contact Form DB」のアイコンが表示されます。

こちらをクリックして開くと、既存のコンタクトフォーム毎にリストが表示されます(有効化前の入力データは当然ながら反映されません)。

①のプルダウンメニューで出力したいコンタクトフォーム名を選択します。前回の記事で入力内容が全く同じでも目的別にフォームを作成した方がいいとお話ししました。その理由は、ここで目的別のリストが出力することができるからです。もし同じフォームを流用していたら、全部のデータが一緒になったデータベースしか出力することができません。

②で出力形式を選択します。日本語に対応していないフォーマットもあるので、Excel CSV for Japaneseがお勧めです。

③出力ボタンをクリックするとリストをダウンロードすることができます。

ダッシュボードメニューのContact Form DBにはショートコードの項目があり、これを利用して出力内容をカスタマイズすることも可能です。

非常に簡単なので、是非ご活用ください。

この記事が役に立ったらシェア!